プルータスコラム

アートスペース作品紹介

No.16『祝祭・R』

益子(秀)平和島
益子(秀)平和島
この記事のタグ

photo by 熊井恭子  ※転載厳禁

No.16 作品名 『祝祭・R』

【熊井先生のコメント】

金属の色というと無彩色の地味な色と思われているのではないだろうか。チタンという金属は硬くて軽くて耐食性に優れていておまけに電流を流すと鮮やかに発色するという特色を持つ。電圧を変える事によって様々な色に変化する。

今回の作品はチタンテープを新潟県燕市で電解着色し、リングにして組立てたものである。一本のテープは厚さ0.2mm,幅15mm、長さ1,300mm。20色ほどに着色したテープ約800本を集合させ極彩色の空気の勢いを表現したものである。

展示期間:2017年10月3日~

色鮮やかで、見る角度によって、表情が変わり、新鮮でした。

お昼間に見た感じと、夜帰宅する時に見た感じが、また違う印象を受け、楽しませて頂きました。

 

出展者・熊井恭子先生のホームページはこちら