プルータスコラム

アートスペース作品紹介

No.18『蠢き ”A Life”』

プルータス ニュース
プルータス ニュース
この記事のタグ

photo by 畠山崇  ※転載厳禁

 

No.18 作品名 『蠢き ”A Life”』

【出展者のコメント】

SUS304-0.3mmφの「ステンレスなまし線」を30本ほど束にして

不織布に数万本結んでいくと、柔らかい草の生い茂った草原を

想起させる光景を表現できる。

サイズや形に制限が無くスペースを活かした造形が可能となる。

その上、立体作品であるにもかかわらず小さく畳んで

箱に入れて収納したり輸送したりできる。マジカルな布だ。

 

懐かしい月明かりの原っぱを想い起こしている。

 

こちらの作品「うごめき」と読みます。

まさにステンレス線が床を這うように一面に敷かれており、

草原のように上に向かって様々な高さで伸びている作品です。

1本1本のステンレス線が先生の手で生き物のように編み込まれ

立体的な作品になっている様子がご覧いただけます。

是非熊井先生の作品を楽しめるプルータスアートスペースへお立ち寄りください。

 

展示期間:2018年10月2日~

  

   素材 : 線径0.3mm SUS304 ステンレスなまし線・ばね線

   ≪材料の特徴≫
   ステンレスなまし線・ばね線は通常ですと工業用としての用途が多く、

   特に先生の作品に使われているSUS304は汎用性があり、価格とのバランスも

   良い材料です。
   また非磁性・弱磁性であり、電気関係の用途などにも適しており幅広く

   使用する事が出来ます。