プルータスコラム

アートスペース作品紹介

No.6 『Air』

プルータス ニュース
この記事のタグ

photo by 落合淳一  ※転載厳禁

No.6 作品名 『Air』

【出展者のコメント】

織り機による布は織り幅に制限があり、大きな布を作るには繋ぎ目が出て美しくありません。

そして辿り着いた結論は、織り機から離れてステンレス線を縫う技法が適当であるという

ことでした。これを実現する為にひたすら縫い続けて、大きな1枚の布を作り上げました。

この布が大気を呼吸し上空に立ちあがる様をお楽しみください。

展示期間:2012年8月21日~2013年3月20日

  

   素材 : 0.25mm径 ステンレススティール線

   技法 : 縫い

   ≪材料の特徴≫
   ステンレススティール線は通常ですと工業用としての用途が多く、特に先生の作品に使われている
   SUS304は汎用性があり、価格とのバランスも良い材料です。
   耐食性がよいので、メッキ等の防錆処理が必要ありません。
   ですから、長く同じ状態を保ちながら展示することが出来ます。

出展者・熊井恭子先生のホームページはこちら