プルータスコラム

アートスペース作品紹介

No.2 『刻のかたち』

プルータス ニュース
この記事のタグ

photo by 畔上咲子  ※転載厳禁

No.2 作品名 『刻のかたち』

【出展者のコメント】

ステンレス線を針に通して縫っていくと石のような形を形成する。

様々な形体が川の中の風景や石庭を思わせる。

 

展示期間:2010年9月13日~2011年2月11日

  

   素材 : 0.25、0.3mm径 ステンレススティール線

   技法 : 縫い

 

   ≪材料の特徴≫
   ステンレススティール線は通常ですと工業用としての用途が多く、特に先生の作品に使われている
   SUS304は汎用性があり、価格とのバランスも良い材料です。
   また耐疲労性に優れており、本作品のように色々な形に形成するには適した材料といえます。

出展者・熊井恭子先生のホームページはこちら